1. 関西電力病院ホーム>
  2. 採用情報>
  3. シニアレジデント(後期研修) 研修プログラム>
  4. 糖尿病・代謝・内分泌センターシニアレジデント

卒後臨床研修プログラム

糖尿病・代謝・内分泌センターシニアレジデント

研究業績

代表的な論文
  1. Seino Y, Yabe D
    GIP and GLP-1: Incretin actions beyond pancreas.
    Journal of Diabetes Investigation (2013) 4(2): 108-130.
    インクレチンの膵外作用に関する総説。糖尿病合併症に対するGIP、GLP-1の効果を概説。
  2. Seino Y, Fukushima M, Yabe D.
    GIP and GLP-1, the Two Incretin Hormones: Similarities and Differences.
    Journal of Diabetes Investigation (2010) 1(1): 8-23.
    インクレチンに関する全般的な総説。GIP及びGLP-1の発見から臨床応用までの歴史を概説。
  3. Yamada Y, Miyawaki K, Tsukiyama K, Harada N, Yamada C and Seino Y
    Pancreatic and Extrapancreatic Effects of Gastric Inhibitory Polypeptide
    Diabetes (2006) 55(S2): S86-91.
    GIPの機能に関する総説。
  4. Fukushima M, Suzuki H, Seino Y.
    Insulin secretion capacity in the development from normal glucose tolerance to type 2 daiebetes.
    DRCP (2004) 66(S1): S37-43.
    日本人2型糖尿病がインスリン分泌不全を主体とすることに関する総説。
  5. Seino Y, Kurahachi H, Goto Y, Taminato T, Ikeda M, Imura H.
    “Comparative insulinogenic effects of glucose, arginine and glucagon in patients with diabetes mellitus, endocrine disorders and liver disease.”
    Acta Diabetol Lat (1975)12: 89-9
    日本人2型糖尿病におけるインスリン分泌能を世界に先駆けて報告した原著論文。