1. 関西電力病院ホーム>
  2. 患者さまへ>
  3. 診療科紹介>
  4. 脊椎外科・手外科・整形外科

患者さまへ

関西電力病院整形外科は、脊椎外科・手外科・整形外科へ
科名を変更します
(外科的治療を中心として)

※現在、他院からの紹介状のない患者様の診察は受け付けておりません。
受診希望の方は必ず紹介状をご用意いただき、地域医療連携室を通じてご予約をお願いします。
症状によりましては紹介状があっても診察を受け付けできない場合もありますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。

我々が何故、脊椎外科・手外科・整形外科となるのか

今日、医師の専門化がすすんでいますが、はたして患者さんサイドからすれば、これは良いことかどうかは必ずしもいえません。例えば脊椎専門であれば、その患者さんの歩行、姿勢まで判断しなければなりません。すなわち関節の知識も必要となってきます。また、頸椎性のしびれか末梢神経のしびれかを判断するには手外科の知識も必要です。そこで我々は、脊椎、手外科を中心として広い知識を身につけ、従来から京都大学の伝統である関節外科を基礎として患者さんに対応できる医師を育てています。その上でそれぞれの医師が何か一つ以上の分野でトップレベルの技量を持つことが出来るよう日々研鑽するため、そしてこのことが患者さんに理解されやすいように標榜することとしました。その中でも我々の施設では名実ともに脊椎外科、手外科分野では関西はもちろん、日本のトップレベルであるとの自負の上で科名をわかりやすく標記させていただいています。

医師は、患者さんと向き合う人間性、全人格が問われるのはもちろんですが、脊椎、手外科分野では術者としての技術が問われます。我々は週2回の検討会、週3回の抄読会を開催して医師同士で技術、情報の交換を行い切磋琢磨しています。

関西電力病院整形外科の特色

我々は手術を中心とした整形外科疾患の治療を行っています。現在、整形外科疾患は多岐に渡ります。その中で、手や脊椎・末梢神経の疾患を中心に、四肢の外傷や変性疾患にも重点を置き、関節鏡や内視鏡を用いた最小侵襲手技、顕微鏡を用いたマイクロサージャリー技術、3次元CTを用いた術前計画やナビゲーションシステムといた最先端の手術支援技術・機器を数多く導入し、安全性や正確性を重視した手術を行っています。

 脊髄・末梢神経領域では、胸郭出口症候群などの腕神経叢領域の障害も精査の上、手術を行っています。関節外科においては、ナビゲーションシステムを使用した筋腱温存型の最小侵襲人工股関節置換術に加え、膝関節、肩関節、肘関節、指関節などの人工関節置換術、変形性膝関節症に対し元の骨を温存する高位脛骨骨切り術も対象を限定して行っています。肩腱板断裂や肩関節反復性脱臼に対しては低侵襲な関節鏡下修復術を行い、術後のリハビリテーションにも力を入れています。

整形外科の様々な疾患に対し、臨床所見、画像診断、生理学的検査などの結果だけでなく、患者さんのニーズに合わせて最適と考える治療を提案いたします。

主な診療実績

項目 2017年 2018年 2019年
1日平均外来患者数 162 59 58
平均入院患者数 47 41 43
手術数 2017年 2018年 2019年
脊椎・脊髄外科
(腫瘍を含む)
頸椎 85 22 26
胸・腰椎 389 162 151
脊髄腫瘍 2 1 0
関節外科 股関節 人工関節 17 30 23
人工関節再置換 1 0 1
人工骨頭 33 25 17
その他 0 0 1
膝関節 人工関節 30 35 49
人工関節再置換 1 1 6
単顆置換 12 8 10
靭帯再建 11 10 11
半月板 25 13 23
その他 17 38 28
肩関節 人工関節・
人工骨頭
3 5 10
腱板修復 49 47 34
その他 25 14 24
肘関節 人工関節 0 0 2
その他 32 6 6
足関節・
足部関節
人工関節 0 0 0
関節固定術 1 2 1
関節形成術
(切除関節形成術を含む)
0 3 0
その他 10 8 11
外傷外科 骨接合術 上 肢 130 138 121
下 肢 86 76 98
再接着術 41 21 13
その他 87 62 155
手外科
(骨接合術、再接着術は外傷外科に含める)
関節手術 197 76 79
腱・靭帯手術 114 113 50
その他 23 66 147
末梢神経手術
(肘部管症候群、手根幹症候群はここに含める)
65 56 80
骨軟部腫瘍 15 17 17
その他 18 16 5
マイクロサージェリー
(脊椎手術以外でマイクロを使ったものすべて(再掲))
65 22 40
総手術件数 1,519 1,093 1,199

医師紹介

部長 太田 壮一 (おおた そういち)太田 壮一(おおた そういち)
担当専門分野
  • 脊椎・末梢神経外科、手・肘関節外科、整形外科
所属学会
資格
  • 京都大学医学博士
  • 京都大学医学部 臨床教授
  • 日本整形外科学会(専門医・指導医)
  • 日本手外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 米国整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本肘関節学会(評議員)
  • 日本肩関節学会
  • 日本末梢神経学会(評議員)
  • 日本マイクロサージャリー学会(評議員)
  • 中部日本整形外科災害外科学会(評議員)
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 義肢装具判定医
部長 井関 雅紀 (いぜき まさのり)
担当専門分野
  • 脊椎・脊髄外科
所属学会
資格
  • 京都大学医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本脊椎インストゥルメンテーション学会
  • 日本脊椎脊髄神経手術手技学会
  • 日本低侵襲脊椎外科学会
  • 日本MIST学会
  • 中部日本整形災害外科学会
  • 日本骨感染症学会
  • Infection Control Doctor
医長 澁谷 秀幸 (しぶや ひでゆき)
担当専門分野
  • リウマチ関節外科
  • 人工関節(股関節、膝関節)
  • 関節外科(膝関節鏡)
所属学会
資格
  • 京都大学医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本人工関節学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本股関節学会
医長 貝澤 幸俊 (かいざわ ゆきとし)
担当専門分野
  • 手・肘関節外科、末梢神経外科、マイクロサージャリー
所属学会
資格
  • 京都大学医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本手外科学会
  • 日本マイクロサージェリー学会
  • 日本末梢神経学会
  • 日本肘関節外科学会
  • 日本中部手外科研究会
  • 米国手外科学会国際会員
医長 馬谷 直樹 (うまたに なおき)
担当専門分野
  • 肩関節、膝関節、スポーツ
所属学会
資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本肩関節学会
  • 人工関節学会
  • JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
  • 日本スポーツ協会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • JATEC provider
医員 舩本 知里 (ふなもと ちさと)
医員 曽我 聡之(そが さとし)
担当専門分野
  • 外傷、整形外科全般
所属学会
資格
  • 日本整形外科学会
医員 日下部 守美 (くさかべ もりみ)
担当専門分野
  • 外傷、整形外科全般
所属学会
資格
  • 日本整形外科学会
医員 竹原 元司 (たけはら げんじ)
担当専門分野
  • 外傷、整形外科全般
所属学会
資格
  • 日本整形外科学会